悪化させるNG行動

ここでは、二の腕のぶつぶつを悪化させてしまう原因を掲載。どのような生活を心がければ良いのかアドバイスしています。

二の腕のぶつぶつを悪化させてしまう原因とは

肌質は体質などにより千差万別ですが、実はぶつぶつが悪化してしまう原因は汗やストレスなどが大きく関係しています。

二の腕のぶつぶつを悪化させないためには、どんなことに気をつければ良いのかまとめて紹介しています。

汗を放置しない

二の腕に汗が関係あるの・・・?と思われるかも知れませんが、ぶつぶつしてザラついたお肌は、発汗することによって痒みを伴う場合があります。

ついつい触ったり、無意識のうちに掻きむしってしまうと、炎症を起こして大変なことになってしまう恐れもあります。汗をかいたらしっかりと拭き取って、清潔な状態にしておくように心がけましょう。

また乾燥してしまうと再び痒みが起きたり悪化する場合もあるので、しっかりとクリームやジェルを使って保湿を行うようにして欲しいと思います。

ストレスを溜めない

精神面においていつまでも不安定な状況でいると、お肌にも悪影響を及ぼすので要注意!

ストレスによるホルモンバランスの乱れが、皮脂分泌を過剰にしたり肌のバリア機能を低下させてしまうため、適度にストレスが発散出来ることを行ったりして、あまり溜め込まないようにしましょう。

気分転換の一貫として、有酸素運動などを行うのがオススメ!身体の血行が促進されるので、皮膚の代謝サイクルも正常に整えてくれる効果があるようです。

洋服の素材にも気をつけて

肌トラブルを抱えた二の腕は洋服の摩擦によって肌が刺激されることもあるので、素材選びにも気を配らなければなりません。

乾燥や摩擦によってダメージを受けないように、出来るだけコットンやシルクといったものやオーガニック素材など、素肌に優しいものを着用するといいと思います。

紫外線対策

紫外線を浴びてしまうと、せっかくケアをしていても肌に強いダメージを与えてしまうので、日中の保湿はもちろんですが、二の腕の紫外線ケアも念入りに行うようにして欲しいと思います。