二の腕のぶつぶつの正体(ニキビとの見分け方)

ここでは、二の腕ぶつぶつの正体について解説しながらニキビとの違いなどを分かりやすくまとめています。

二の腕ぶつぶつを解明!ニキビとの違いを徹底検証

二の腕のザラつきやぶつぶつとした鳥肌のような症状は、実は皮膚の疾患の一種で毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と呼ばれています。

皮膚の上に出来たぶつぶつは、古い角質が溜まって硬くなってしまった角栓で、自覚症状や痛みなどは全くありません。

あまり聞きなれない病名のため重大な疾患のような感じがしますが、生命に関わる病気を他人に感染することがなく健康上は問題がないので、そのままに放置している人が多いようです。

毛孔性苔癬の症状とは

毛孔性苔癬は古くなった角質や皮脂が毛穴の周りに溜まってしまうことで、角質の先端部分が皮膚の上に盛り上がり、ぶつぶつとした丘疹(きゅうしん)が出来ます。

丘疹はほとんどの場合が皮膚の色と同じか褐色系の色ですが、症状がひどい場合は赤みも伴い、広範囲に渡り症状が現れるケースもあります。

発症する部位の90%以上が二の腕で、次に太ももやお尻といったところに出来やすいと言われています。

また、硬くなった角栓の塊のため非常に治りにくいという特徴があります。

ニキビとの違い

見た目や発症のメカニズムはニキビと似ているかも知れませんが、ニキビはアクネ菌という細菌が繁殖することで炎症が起こり、痛みやかゆみといった症状があります。

毛孔性苔癬は自覚症状がなく、発汗や皮脂の多い部位で発症するケースはほとんどありません。

また、細菌による繁殖ではなく硬くなった角栓によるものが原因であることも見分け方のポイントになります。

毛孔性苔癬セルフチェック

3個以上心当たりのある方は、毛孔性苔癬の可能性が高いです。

  • 二の腕や太もも、背中、お尻などに発生している
  • 敏感肌でアトピー体質である
  • 肌表面に左右対称でぶつぶつとしたものがある
  • 肥満体質で太っている
  • かゆみや痛みがほとんどない
  • 10代~30代で発症した
  • 家族に毛孔性苔癬の人がいる