原因

ここでは、二の腕がブツブツになってしまう原因について解説。ブツブツになりやすいタイプなども紹介しています。

原因をリサーチ!二の腕がブツブツになる理由とは

二の腕のブツブツを治していく前に、まずはどのようなことが原因で発症してしまうのかを知っておく必要があります。

残念ながら、二の腕がブツブツになってしまう原因は未だハッキリとした理由が明らかになっていませんが、いくつかの要因が合わさって発症すると考えられています。

主な原因をまとめてみましたので、治療やセルフケアをする際に役立てて欲しいと思います。

肌の代謝異常

肌が生まれ変わるサイクルは年齢とともに低下していくのですが、このターンオーバーという代謝活動が乱れてしまうことで肌トラブルが起こってしまうのです。

また、毛穴の中に古い角質が蓄積して皮膚の表面が硬くなることでブツブツが発生するとも言われています。

不規則な生活習慣

いくら外側からケアを行ったとしても、慢性的な睡眠不足や偏った食生活はお肌にも悪影響を与えてしまいます。

日常生活は慣れてしまうと自分では善し悪しが分かりにくいと思いますが、疲労が蓄積してイライラしたりストレスが溜まってしまうことにも繋がるため、気をつけなければなりません。

遺伝によるもの

両親のどちらかが発症していると、およそ約半分の確率で起こることが分かっています。

遺伝によって発症しやすいタイプとしにくいタイプの人がいるようですが、二の腕にブツブツが出来た場合は、家族に同じような症状の人がいるかチェックしてみましょう。

ホルモンバランスの影響

男性よりも妊娠や出産、思春期のタイミングで女性が多く発症することから、女性ホルモンが強く影響しているようです。

女性はホルモンのバランスを崩しやすいため、1度ホルモンバランスが乱れてしまうと、皮脂の分泌が過剰になって毛穴に角質が溜まりやすくなるため、肌にブツブツが起こると考えられています。

肥満

太り気味の方にも多く発症している傾向があるため、肥満が影響している可能性も考えられます。

心当たりのある人は、少し体重を減らしてみたり脂っこい食事を控えるようにコントロールしてみましょう。